スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前川國男邸

2009年07月28日 11:05

建築家前川國男の自邸が江戸東京たてもの園に保存されている。
江戸東京たてもの園、ここは都立小金井公園の一角にあって
緑の中多くの建物が保存されている。
その中にこの前川國男の自邸もある。





緻密な計算の上にデザインされた極上の建築がそこにある。
大谷石で視界を制限しながら進むアプローチ、
前川國男と書かれた美しい表札。
大屋根の両妻側の開放感。
シンプルながら上枠に凝った扉。
玄関からサロンには巨大な竪軸回転の扉。
高い天井高さと上部までの開放感たっぷりの窓。
後ろは低い窓。側面は大きな壁。
天井から下った和紙の照明。
美しくデザインされたソファ。
2階の床組の下の落ち着けるダイニング。
階段の下のアーチ扉。
スリーインワンのトイレと浴室。
作り付け家具の寝室と書斎。

よく見ると、建具周りも家具も
いろんなアイデアを盛り込み
機能的で尚且つ美しく考えられています。
決して奇をてらったものでもないし
驚きを求めたものでもない。
住みかとして居心地のいい
そして使い勝手のいい建築。

心地いい時間を過ごせた前川國男自邸でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。