スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂倉準三展

2009年07月15日 10:12

建築家坂倉準三展に行ってきました。
東京汐留のパナソニック電工汐留ミュージアムで9月27日まで開催しています。
坂倉準三は前川國男、吉阪隆正と共に
フランスのル・コルビュジェの元で学んだ建築家で、
1939年帰国し翌年坂倉準三建築研究所を設立し
日本の現代建築の発展に大きく貢献しました。



学校を出て最初に学んだ設計事務所の所長が
坂倉準三建築研究所OBだった事もあり、
コルビュジェから受け継がれた建築の心に
惹かれるところが多い建築家です。

プロポーションや造形に対する感覚や
技術や伝統美と機能の融合に
いろいろな刺激を受けた展覧会でした。

名作の椅子や原寸大再現の大扉、
図面や写真そして模型。
いろんな角度から建築家坂倉準三を見る事が出来ます。

神奈川県立近代美術館 鎌倉で行われている
建築家 坂倉準三展

にも行ってみようと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。