スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生

2009年07月21日 10:19

国立こども図書館はその昔の
「国立国会図書館支部上野図書館」の建物を再生した施設です。
安藤忠雄によって2000年に生まれ変わりました。
明治39年に帝国図書館として建てられ
昭和4年に増築された建物は東京都の「歴史的建造物」に指定されています。



旧建物を一部硝子で覆い、
硝子の建物が旧建物を貫くようなレイアウトになっています。
古い建築を残す一つの手法として、
非常にいい手法だと思います。
建物は免震構造の架台の上に乗る様に
総合的な修復・保存・再生が行われています。
相当な費用が掛かったのだろうと思いますが、
文化的遺産として後世に残す事の意義を考えると、
「かさぶた」建築と呼ばれる外壁に一部残す様な保存とは別の
建築としての存在感がある建物でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。