スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村山貯水池取水塔

2009年05月03日 21:35

東京にもいくつかまっすぐな道がある。
まっすぐには理由があったりする。
道の下に水道管が埋まってたり・・・。

武蔵境の境浄水場から多摩湖まで、
水道管の本管の上を走る自転車歩行者専用道路。
東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道線。
境の浄水場の脇からほぼまっすぐ、
水道管の上らしく最短距離で多摩湖まで行ける。
標識には「自転車道」。
路面には起点からの距離も表示してあって
のんびり走るには気持ちがいい。
自転車道とは言っても交差する道路も多く
車止めも多々あるので、
川原の土手を走るような訳には行かない。
しかも歩行者も多く、休日にはウォーキングを楽しむ人も多い。
ゴールデンウィークに久しぶりに走ってきた。
たまたま大会があった様でウォーキングの人が多い。
狭い自転車道に人が溢れている。
健康志向の高まりと共に
歩く人も自転車も増えている。
人を避けながら木立の中を走り、
一時間ほどで多摩湖に着く。



正式名称は村山貯水池
東大和市の狭山丘陵の渓谷に造られた人造湖だ。
1927年に竣工し、耐震補強工事が2003年から行われ、
2009年3月に完成したばかり。
ずいぶん綺麗に整備されていた。
ここの取水塔は美しい。


13123.jpg




一号取水塔は1928年(大正15年)竣工。緑の銅板屋根が美しい。
二号取水塔は1973年(昭和48年)の竣工で兄弟の様な姿ながら
親子ほど時期は離れている。
ネオ・ルネッサンス様式。
この取水塔は「日本で一番美しい取水塔」とも言われてる。
形の美しさもさることながら、このダム湖は美しい。
その環境の一部でもあり、環境の中で際立つシルエットが
ダム湖の美観を創っている。

気持ちのいい天気、
気持ちのいい風景、
気持ちのいい疲労感、
気持ちのいい食事、
そんな心地いい時間。

何も予定の無かった一日が
ちょっと得した気のする一日になった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。