スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立科学博物館

2009年04月27日 18:04

国立科学博物館に大恐竜展を見に行ってきた。
南半球の恐竜を日本初公開。
大勢の家族連れで賑わっていました。
国立科学博物館は2004年に新館がオープン。
本館も改修して2007年に公開されました。
そして2008年に重要文化財に指定されています。



国立科学博物館上野本館は
昭和5年12月に竣工しました。
設計は文部省営繕部小倉強、
施工は大林組だそうです。
車寄せを持つ正面玄関を中心に
両翼を広げた飛行機の様な平面で構成されています。

0129.jpg


今は本館脇の通路から入り、
新館との間からアプローチします。
一階のホールは吹き抜けになって
天井は装飾されたドーム天井です。
吹抜けを中心に各展示スペースが広がり
重厚かつ歴史を感じさせる空間になっています。

恐竜展の方は?

そうですね。
なかなか貴重な資料が沢山来ていました。
世界最大の肉食恐竜「マプザウルス」
「クリオロフォサウルス」「ニジェールサウルス」
「マシャカリサウルス」など等
ボーンマニアではありませんが、
骨格は究極の機能美、
そのまま動き出しそうな躍動感がありました。

0012.jpg

国立科学博物館は面白い。
常設展も相当充実しています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。