スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空海と密教美術展

2011年09月15日 11:19

上野の国立博物館で開催されている「空海と密教美術展」に行ってきました。
残暑の厳しい中、大勢の人が並んでいてびっくり。
改めて「弘法大師」の人気を感じました。



もう20年位前に恩師から、司馬遼太郎の「空海の風景」を読む事を進められて
日本史の授業では知りえなかった空海を知りました。
もちろん「司馬遼太郎」の空海像ですが、密教への興味とともに
一人の人間が日本中に影響を及ぼす事になる「教」へのこだわりを心に刻みました。

展覧会は年配の人人人・・・
阿修羅展のとき以上の混雑でした。
空海の直筆の書や密教美術の数々、
歴史の重みと密教のパワーを感じ、
仏具を初め曼荼羅や仏像すべてに
デザインの持つ力を改めて感じました。

スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。