スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIRAI

2010年11月01日 11:25

「 建築家 白井 晟一 精神と空間 」を見てきました。
建築家白井晟一の創作活動をまとめて見れる貴重な展示会でした。



白井晟一戦後のモダニズム建築全盛の建築界とは別の道を淡々と歩み、
独特の哲学的建築を次々と発表してきました。
その象徴的な形態や素材に対するこだわり、光と闇の探求。

私も若かりし頃、その魅力に取り付かれ秋田県横手や佐世保まで
オートバイに乗ってツーリングかたがら見に行きました。
今回の展示会ではそんな多くの作品を
写真と模型、図面と一部実物パーツなどを元に展示しています。
コンピューターのCAD図ではない鉛筆の線で
細かく描かれた美しい図面に改めて魅入られました。
他にも書や装丁など、創作活動が一同に見れます。
生産性ばかりが追い求められる現代社会のなかで
もう一度創作の原点に返らないといけないと改めて思う展示会でした。

群馬県立近代美術館で11月3日まで開催しています。
その後、東京・京都に巡回するそうですが
規模を縮小して、という記事もありましたので
見たい方は是非お急ぎ下さい。

建築家 白井晟一 精神と空間
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。